FC2ブログ
line-s
02.27




折り重なる光によって
色が芽生える。

色のトーンは鏡のように
向き合い方次第で、

良くも悪くも変化していく。

どうなって欲しいかという
イメージを持って使うこと。

これからの自分を楽しむように。




IMG_7383_convert_20210223210252.jpg
lily

6色展開のメッシュ。

上から時計回りに、
イエロー、ベージュ、ブルー、レッド、グリーン、キャメル。

柔らかく軽量な馬革のショルダーバッグです♪



2WAYタイプになってるので、便利です。

メッシュが柔らかく身体にフィットしてくれるので、
特に斜めがけしやすいと思います(*^^*)

IMG_7378_convert_20210223210231.jpg

メッシュの良さは、同じ無地でも、
一面が革よりも織り目の表情があって優しいです。

柄物が苦手な方には、
ちょっと面白いアクセント素材になると思います。

IMG_7372_convert_20210223210133.jpg

落ち感と言いますか、
重みがかかった時のシルエットや、

細かい織り目による、
色の濃淡も柔らかく感じます。

気負いせず使えるタイプのバッグです。



IMG_7377_convert_20210223210212.jpg


『それ、どこで買ったの?』
今日はそればかり聞かれたので、
デニムについて自論です。

私が長年好きなオシャレアイテムとして、
デニムはその一つですが、

自分が納得(?)する着方が出来るまで、
小さい頃からずいぶん、試行錯誤してきたと思います。

その結果、私に似合う(私が好きな)デニムスタイルは、
ちょっと汚い感じなんですね。

汚れた感じ。ワイルド。

それをそのままの雰囲気で着るのも好きですが、

ジャケットやパンプスなど
女性らしいアイテムでで味付けしたりするのは好きです。

なのでデニムをレディースで選ぶことはなく、
ほとんどメンズです。

そしてポイントは、
ストレートとかテーパードというラインじゃなく、

『股上』が自分の体型と
着たいイメージに沿うかどうかということ。

深すぎると、だらしなくなってしまうのです。
身長も低いので。

股上が決まれば、他は自分で好きに加工するので、
正直デニムって、¥2000-くらいのものしか買わないです。

あとは、使ってる織糸はコットン。
重くても伸びなくても綿がいい。
経年変化。色落ちが大事。

学生の頃、ジーパン屋でバイトしてたので、
いろいろウンチクを学んだのですが、
めっちゃ長くなるので、はしょります。

好みは若い頃から変わりませんが、
この年齢だからこそようやく似合うのかな?とも思います。

てことは、これからももっと似合うようになるんでしょうね♪
と思って、楽しんでジーパン履いてます(*^^*)





【問】
●創作屋
延岡市安賀多町3-6-6 赤松ビル1F
0982-33-6659
◇HP:sosakuya.com


【創作屋】
banner_sosakuya.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  


---------------------------


【宮崎 Guest House】
banner_guest_house.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー 


---------------------------


【Bag shop idee】
banner_idee.png

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー


スポンサーサイト




line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
創作屋(延岡市)のブログです(*^^*)素敵なバッグやアイテムをご紹介させていただきます。お店もブログも楽しんでいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top