line-s
01.11




一見、布バッグみたいに見えませんか~?

とってもしなやかな『馬革』なんです。

革の素肌と持ち味を大切に染め上げた、
素直な表情の白い革の名前は、
『スズラン』というんです。



B.stuff

今日は、『白』という色の代弁をさせていただきます。

きれいな色なだけに、汚れが目立ってしまいます。
敬遠される色です。

通常、白い革は、
汚れが付きにくい加工をほどこされたものがほとんどです。

なので、同じシリーズのバッグでも、数色並べてみると、
白だけがどことなく表情が違って見えたりします。

『スズラン』は、そんな加工をしていない革です。
革の素肌が見える素直な染めです。

IMG_4416_convert_20180110175324.jpg

素直な革なので、素直に変化します。
使い方によっては、(悲惨)なことになりかねませんが、
持ち手・開閉部分・底面は、
丁寧に扱っても、どうしても汚れると思います。

でも、『汚れる』ということは、
なにも『白』に限ったことではありませんよね。

イエローだって、赤だって、ブルーだって、
同じように扱えば、同じように変化します。

『経年変化』というものなのですが、
あえて、今日は『汚れ』と書きますね。

思わぬハプニングの『汚れ』とは別の意味ですよ。

IMG_4405_convert_20180110174414.jpg

少し話はそれますが、
私のよく見る料理本に、
『焦げ目は一つの調味料だ』とよく書いてあるんです。

『汚れ』もそうだと思うんです。
『革』ですから(^^)

『汚れ』を一つの調味料だとすれば、
焦げ目の付け方一つで味が変わるように、
汚し方一つで味が変わると思うんです。

そして、この『白』は、
革の素肌が見えています。

元々の原皮に、ほとんどキズがない上質な革です。
ごまかしがきかないんです。
なので、この『白』を素直なまま商品にできるんですね。

タンナーさんの自信を垣間見ることができる商品だと思います。

以上、『白』の代弁でした☆タラタラすみません。


私は、物を売る人なので、
物から教わることが多いのです。

素直な物から教わる内容は、
私にとってあこがれる内容ばかりです。

1年後、3年後・・・が、もっと良くなるように、
大切に使いたいバッグです(^^)









スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top