fc2ブログ
line-s
07.22



昔ながらの技法で染め上げた革と、
昔の映画のワンシーンに出てきそうなデザイン。

今みたいに便利で早く物事は進まない時代。
時間をかけて物を作り上げることが当たり前な時代。

豊かな時間と贅沢な雰囲気が漂う。

それを今、
ちょっとかじってみたい。




dakota

クラシカルな雰囲気の、
ボックス型ショルダー。

イタリア製フルタンニンレザーで作っているので、
使うごとに味わい深くなっていきます。

IMG_1481_convert_20220717142355.jpg

ファスナーなどの付属品は
極力見えないようなデザインなので、
幅広いスタイルで持てると思います。

IMG_1469_convert_20220717142235.jpg

入り口が広く開くので、
大きめの長財布の出し入れも楽です(*^^*)

バッグの中が
とても見やすい作りになっています。

IMG_1470_convert_20220717142258.jpg

バッグの縁、サイド、
ショルダーベルトの付け根の処理など、
ディテールがさりげなく凝っています。

シンプルなぶん、縫製は気になるところです。

ディテールが凝ったものだと嬉しい。

IMG_1473_convert_20220717142314.jpg

こういう革は、5年・・・10年・・・
傷や汚れも付くでしょうが、
手入れをしつつ愛用していただきたいです。

鏡を見るような感覚で、
時間を重ねるほど魅力的になるように(*^^*)





バッグはおしゃれアイテムですが、
モノを入れる道具であります。

なので、
使用するうえで『物理的に成立するか?』ということは、
仕入れる時にとても考えます。

と同時に、
素材とデザインの相性も考えます。

そうすると、素材やデザインのルーツを、
ざっくり辿ることになるのですが、
大抵比例するから面白いです。

昔ながらの技法で染め上げた革には、
クラシカルなデザインとか、

新素材には斬新なデザインとか。

中にはそんなくくりから飛び出すものもありますが、
それはそれで魅力的です。

ファッション誌も良いけど、
ファッション史はもっと面白い。

ファッションを通して、
世界の時代背景や文化、
食べ物、音楽にまで広がるから。

ファッションを通して垣間見ることですが、
ものすごく勉強になるんです。

(関係ないけど、ミステリーハンター希望してた時期もあり)

そんなことを ちょっと気にしてみると、
その中に居る自分、
それを選んだ自分が、
なんとも素敵に見えますよ(*^^*)







【問】
●創作屋
延岡市安賀多町3-6-6 赤松ビル1F
0982-33-6659
◇HP:sosakuya.com


【創作屋】
banner_sosakuya.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  


---------------------------


【宮崎 Guest House】
banner_guest_house.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー 


---------------------------


【Bag shop idee】
banner_idee.png

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー




スポンサーサイト



line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
創作屋(延岡市)のブログです(*^^*)素敵なバッグやアイテムをご紹介させていただきます。お店もブログも楽しんでいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top