fc2ブログ
line-s
03.20



元は一枚の布
一枚の革

それぞれの性格が
補い合って作られる形は

大きい小さいにかかわらず
古い新しいにかかわらず

メッセージがこもっている







t.a.design

まさにバッグというよりも、オブジェ。

バッグにほどこされてる突起のある素材は、
有松絞り(蜘蛛絞り)を、
形状記憶加工したものです。


IMG_0759_convert_20220315153834.jpg

有松絞りも素敵ですが、
バッグのデザインも、
ユニークなデザインです。

伝統的な有松絞りと、
ユニークなデザインが相成って、
独創的な表情です。

IMG_0756_convert_20220315153854.jpg

和装で持っても素敵だと思います。

バッグ自体、とても柔らかく軽く、
見た目よりも収納力あるので、
いろんな場面で活躍してくれると思います(*^^*)

IMG_0708_convert_20220312133843.jpg

バッグ背面には、
愛嬌のあるサークルポケット(*^^*)

ポッケが丸いってだけで、
なんだか和みます~。

IMG_0749_convert_20220315153957.jpg

布バッグで、ハンプ、ゴブラン、ナイロン・・・と、
いろいろありますが、

日本の伝統工芸がこんな風に使われるのって、
とても斬新で素敵ですよね☆




はるか昔、江戸時代の話。
土地開拓のために8名が、
希望を持って移住した土地に発展させた文化、
有松絞り。

東海道筋にある有松は、
土地も痩せてて作物が育ちにくく、
宿場としても発展せず、

移住者が豊後の国の絞り染めの技術を習得し、
手ぬぐいを旅の土産として販売し、
旅人に喜ばれたと言います。

それが発展して、
現代の絞り染めの代名詞となっているようです。。。

絵本『有松の庄九郎』を読んだことがあるのですが、
技術を習得して根付かせるということは、
不毛の地で生きていこうとする人々の、
互いの意地と信頼に感動しました。

今の便利な世の中では、
考えられないことでしょうが、
そういう積み重ねが見せる『華』って、
本当に美しいと思います。





【問】
●創作屋
延岡市安賀多町3-6-6 赤松ビル1F
0982-33-6659
◇HP:sosakuya.com


【創作屋】
banner_sosakuya.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  


---------------------------


【宮崎 Guest House】
banner_guest_house.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー 


---------------------------


【Bag shop idee】
banner_idee.png

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー




スポンサーサイト



line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
創作屋(延岡市)のブログです(*^^*)素敵なバッグやアイテムをご紹介させていただきます。お店もブログも楽しんでいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2022/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top