fc2ブログ
line-s
08.21




シンプルと無機質がある。

無機質なものに
感情や理由付けは無意味だ。

無機質なものは
理由もなく整っていて
それ以上もそれ以下も求めてはいないからだろう。

しかし案外、
ぽつんと無機質なものがあると
よくわからないが
いいと思う。

何と言ったらいいのかわからないけど。





kawa-kawa

きめ細かく、しっとりとした質感の仔牛の革で作られた、
すっきりとした口金2WAYハンド。

コチラを覗き見てるような大きい口金の「ヒネリ」が、
すっきりとしたデザインの中の
アクセントになっています。

IMG_5151_convert_20200817132644.jpg

正方形のバッグって、
案外少ないかもしれません。

このすっきり感は、正方形だからなのかも(*^^*)
建築物っぽい無機質感がいいと思っています。

IMG_5148_convert_20200817132608.jpg

口金の金具が「ヒネリ」部分しか見えないのも、
すっきりしてる。

IMG_5164_convert_20200817132701.jpg

デザインがシンプルなぶん、
素材と色の上質感と、
ちょこっと魅せる口金のユニークさを楽しんでいただきたいです(*^^*)

IMG_5144_convert_20200817132458.jpg




バッグとは全く関係ないのですが、

バッグを勉強するつもりで、
立体を勉強するつもりで、
よく建物のことを勉強していた時期があります。

かわいい若い頃(*^^*)
今も建物を見ることは大好きです。

ル・コルビュジェの建築物などは、
非常に無機質・無感情なのですが、

自然や空間と無機質な建物との連携が
彼自身の細やかに描かれたシナリオの中に、

何と言いますか・・・言葉が上手く見つかりませんが、

こちらが上手く騙されてしまうと言ったらいいのか?
巧みに したたかに 無機質というマジックにかけられてしまう。

無機質という枠にはめられたからこそ、
自然や空間の美しさを知る・・・・・。

無機質って美しいけど、
無表情で人工的で冷たくて淋しい。

それでも、無機質と生身の自分との融合は、
びっくりするほど成り立つ。

なぜか?

人工だから。。。?
結局、人が作ってるから。。。?

だと思う。。。私が言葉に出来る範囲は微々たるものですが。

そんなギャップとも、やっぱりどこかで、
しっかり手をつなぐように世の中出来てるんだと、

ル・コルビュジェを見るといつも思う。

大好きな偉大なデザイナーです。








スポンサーサイト



line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
創作屋(延岡市)のブログです(*^^*)素敵なバッグやアイテムをご紹介させていただきます。お店もブログも楽しんでいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top