FC2ブログ
line-s
04.24



革の京友禅 TATT CALF 

たとかーふ 小物フェア

4/26 FRI ~ 5/12 SUN
期間中 4/30 TUE は、お休みします。



いつも、お世話になっております。

ゴールデンウイーク前~母の日にかけて、
毎年開催の『たとかーふ』フェアのご案内です♪

IMG_9554_convert_20190423161815.jpg

最近、バッグもそうですが、
お財布などもコンパクトなサイズをお探しの方が多く、
持ち物が少ない私にとっては、
嬉しい流れです。

今回は、人気のL字長財布なども含め、
コンパクトサイズを楽しんでいただけるような内容になっております。

IMG_9531_convert_20190423161728.jpg

『たとかーふ』は、
『TATOO:タトゥー=刺青』と、
『CALF:カーフ=仔牛の革』を合わせた造語です。

わかってはいても、
『たかとーふ』になってしまったり、
『とかたーふ』になってしまったり、

みなさま、いろんな呼び方で親しんでくださってます☆
ありがとうございます。

IMG_9559_convert_20190423161837.jpg

革に京友禅染めをほどこしたものなのですが、
(((上質な革じゃないと、この加工は不可能です)))

シルクスクリーンという版画の技法で、
版を同じ場所に重ね、50センチほどの刷毛で、
一気に刷り上げていきます。

IMG_9539_convert_20190423161750.jpg

一色刷っては、別色の版をずれることなく重ね置き、
また、一色刷る。

色が多い柄だと、19版も重ねるんだそうです。

全て、一発勝負。

以前、工場にお邪魔させていただいたんですが、
職人さんは、
ものすごい集中力と体力で色刷りをしてくださってます。

IMG_9585_convert_20190423161949.jpg

牛革って、仔牛の革と言えども大きいんです。
仔牛の革の半身が、畳一畳分より少し大きいくらい。

なので、革一枚を刷るのに、
版を3~4回置き換えなければいけません。

もちろん、染めるときは1枚じゃないので、
・・・たいへんです。

IMG_9581_convert_20190423161933.jpg

ですが、職人技は見てて美しい。。。
ほんとに。

それから、ちょっとした部屋のような窯で、
染料を革に定着させるため、
100度近い温度で50分ほど蒸し上げます。

ちなみに、反物(布)だと30~40分くらい。

IMG_9566_convert_20190423161854.jpg

反物を染める技法と同じ工程をたどるので、
もちろん、水洗いします。

熱ーくしたり、冷たくしたり、
革がそんなことに耐えられるのか?と思うでしょうが、

ベースになる革が上質ということと、
布のように均一に色が染まるように、
研究された下地加工があるからできる技術なんです。

IMG_9574_convert_20190423161913.jpg

蒸して洗って、乾かして。。。
それから箔やエナメルをほどこして、
ようやく小物制作になるのです。

『たとかーふ』は、誕生して50年ちかくなります。

自分の年齢と重ねると・・・なんだか親近感わくんです(笑)
どっちが誕生が先かは、今度社長に聞いてみます。

IMG_9741_convert_20190423162131.jpg

ちょっとウンチク長かったですが、
はるか古代からある天然素材の革を、
日本*京都の伝統技術が加わって、
この時代を生きる私たちを楽しませてくれてる。

この機会に、ぜひご覧になってみてください♪

みなさまのご来店を、
心よりお待ちしております。







スポンサーサイト
line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top