FC2ブログ
line-s
10.31



こんにちは☆
すこし、今日のこと。

今朝、あまりにもきれいな光が差し込んでいたので、
眠いし寒いし・・・でも、きれいだったので、
見上げた空が こーんな感じでした(*^^*)

朱鷺色の雲。

20181031150836cc4.jpg

自然の美しさは儚く美しい。

神様も真似できない美しさがある。

いつもいつも、そう思う。



michiamo

ここからは、バッグのこと(*^^*)

仔牛の革にガルーシャ(エイ革)模様を加工したもの。
ガルーシャは、海の宝石ともいわれる革。

本物のガルーシャだったら、
こんなぐるんぐるんしたデザインは出来ないと思いますが、
仔牛の革(キップ)のしなやかさだからこそのデザイン。

IMG_7949_convert_20181028150125.jpg

おちついたグレーベースに、
フェイクガルーシャの細やかな輝きが、
アートな感じのデザインながらも、
品があります。

そんなバッグは案外、
なんでもござれだったりするんです。

たとえば~、着物だったり。

IMG_7986_convert_20181028150511.jpg

先日お客様から・・・
『ブログで最近、あ~んまり着物着てないんじゃない?』と、
ツッコミが入ったので、ここ2~3日着てみました(^^)

着物っていいですね☆
私の着方は、ほんとにカジュアルなのですが、
自己満足の範囲で楽しんでいます♪

何の芸もなくても、
着物着てるだけで褒められるので~、
ひと月に一回の着物でしたが、
これからは回数増やそうかな~と思っています。






スポンサーサイト
line-s
10.28



もう、これで最後にしよう。。。

時々思い出したように、
バカみたいな恰好をしたくなる。

色も何もかも気にせず、
好きなように気持ちに逆らうことなく、
楽しそうだと思ったものを

好きに着ることがある。

時々は、こういうのもいいな。

これで最後と言いながら、
最後にならないへんな恰好(*^^*)



IMG_7751_convert_20181014174302.jpg
laiser fire

遠目で見ると、花柄のように見えるかな?
賑やかな色彩のフェイクファーバッグ。

リアルファーよりも、扱いやすいので、
気軽に冬バッグを楽しめることもあって、

私の好きな素材です(*^^*)

IMG_7760_convert_20181014173558.jpg

フェイクファーですが、
付属に使ってる革が、
しっかりしたヌメ革なので、

カジュアルながらも重厚感があります。

カジュアルだからこそ、
ディテールの重厚感は大切。

IMG_7755_convert_20181014173501.jpg

自由な感覚でもの選びするにも、
どこかに重厚感を意識するポイントを見つけておくと、
肩ひじ張らない洗練されたおしゃれを楽しめると思います♪

いざ、冬モードへ。





私が、時々トンチンカンな恰好をしたくなるのには、
いろんな理由があるのですが、

一番の理由は、
私自身がネクラなので、
恰好で思い切って気持ちを明るくしたいということと、

次に、
ルールを無視して自分の感覚で選ぶ恰好が、
どこまで『おしゃれ』という基準に引っかかるのか、
試してみたいということです。

一番の理由のネクラは、
どうしようもないのですが、

次の基準確認は、
案外面白かったりします。

私の身体と身に着けるものとの関係確認。

色合わせ、カラートーン、サイズ感、質感、
顔映り、バランス、そして・・・自分らしい『ハズシ』をしているか?

思いつくまま自由に身に着けて、
イケてる時もあれば、
こんな風に『ノーコメント!』という日もありますが、

時々着る『これで最後のトンチンカン服』は、
大失敗しても私らしくて大好きです♪

マイルールを最新版に更新するのに、
手っ取り早い方法です。

時々は、羽目を外しても大丈夫。
インストールされてる。








line-s
10.27




CERAMIC ART ACCESSORY 千花
新作展

『 LUCE ~滲む光~ 』

10/25 THU ~ 11/4 SUN


メガネを外して見えた花火は、
美しく滲んで見えた。

自分の身体に『ありがとう』と言えた。





人それぞれに違う思考を持ち、
人それぞれが理解しあう。

ちかさんが見て感じた花火と、
私が見て感じる花火は、

あたりまえだけど、
何もかもが違う。

IMG_7927_convert_20181025192054.jpg

ちかさんのメガネを外した視界に広がる
滲んだ光を放つ花火は、

どれほど幻想的だっただろう。

私の見えてる花火の描く軌道や、
花火が散った後の煙、
私が見る花火の細やかな部分は、
きっと気持ちで感じ取ったんだろう。

IMG_7924_convert_20181025192027.jpg

きっと、ちかさんは、
夢中になって滲んだ花火を眺めたに違いない。

ファンタスティックに滲む光を、
どれだけの人に見て欲しくなったんだろう。

せめて、色だけでも。
せめて、輝く時間だけでも。
勢いだけでも。

どれだけの人に、
伝えたくなったんだろう。

IMG_7935_convert_20181025192114.jpg

偶然、とある新聞に、
ヴァイオリニストの前橋汀子さんの
記事を見つけた。

ちかさんの作品の中に、
前橋汀子さんの曲からインスピレーションを受けて
作られたシリーズがある。

前橋さんは高校中退して、
ソ連にヴァイオリン留学をしている。

その時、『決して、人と自分を比べるもんじゃないよ。』と、
恩師から言葉をいただいたそうだ。

IMG_7918_convert_20181025191943.jpg

人は、比べる。
なんでも、比べる。

比べてもどうしようもないのに、
比べてしまう。

自ら、コンプレックスを作り上げている。

こういうの、止めてみるほうがいいみたいだ。

こんなにきれいな世界が見えるんだから。

IMG_7883_convert_20181025191845.jpg

ちかさんは、滲んだ光を花火に見たけど、
私は花火を見るとき、
・・・実は、あんまり花火を見てない。

私が花火の何を楽しみにして、
何が好きかというと、

『音』だ。

どどんと伝わる壮絶な空気音。
地響きも感じるほどの空気音。

なので、花火を見るというよりは、
花火を『聞いてる』と言っていい。

夜空に打ちあがる花火を前に、
目を閉じて聞いてるから。

IMG_7892_convert_20181025191916.jpg

私にとって、
花火は、聞くもの。

いつの間に?なぜそうなったかはわからないが、
おそらく比べてしまうことが嫌になったんだろう。

どこの花火よりきれいだとか、
小さいより大輪のほうがいいとか、
色はシンプルなほうがいいとか、
何発打ち上げくらいがいいとか、

まあ、自分の記憶の中のことだけど、
比べても仕方のないことを
無意識にいろいろ比べるのが、いや。

目を閉じて聞く花火は、
とっても心に響くものがある。

ちかさんの花火も、
私の花火も、
比べようのない美しい花火。

みなさんの花火も、きっと、そう。





line-s
10.25



こんにちは(*^^*)
お世話になっております。

日中の暑さと朝晩の肌寒さに、
少し戸惑いながらも、
過ごしやすくなった季節をどう楽しもうか☆と、
毎度のように模索中です(*^^*)

11月のお休みは、
下記のとおりです。

6 (火) ・ 7 (水) ・ 14(水) ・ 21(水) ・ 28(水)

よろしくお願いいたします。


201810251639427d6.jpg

ワタクシ、この季節・・・
過ごしやすくて嫌いじゃないんですが、

何と言いますか・・・これから寒くなるので、
寒いのは苦手なので、
苦手というか・・・半分・・・恐怖・・・というか、
ワタクシにとっては拷問なので、

か・な・り、心はブルーになっています。

暑いのは、いくら暑くてもいいのですが、
寒いのは、何年たっても苦手です。

なので今、このブルーな気持ちを消し去るように、
いつも以上に何かを楽しもうと、
か・な・り、無理をして前向きになっています。

『落ち込みたいときは、
とことん落ち込んだほうがいいよ』・・・とも聞きますが、

それ、ムリ。
蟻地獄のようにはまってしまう。
やれんわ。

無理して前向きに明るく楽しむことを、
がんばる私が、
はまってしまったものがあります。

NARUTOなんだってばさ!

ナルトやカカシ先生に励まされてる毎日です。
私の読書の秋は、マンガの秋になっています。





line-s
10.22




私はいつもメガネ

旅先で見た夜景を
メガネを外して見たときに

花火や観覧車などの光が滲んで
まるで別世界のように美しく見えて
感動した

嫌だと思っていた私の瞳は美しかったんだ と
ちゃんと自分の身体に
ありがとうを言えたことが
嬉しく感じる体験だった




Ceramic art accessory Chika
LUCE ルーチェ ~滲む光~ 
新作展
10/25 THU ~ 11/4 SUN

IMG_7128_convert_20181022141114.jpg

こんにちは☆
セラミックアートアクセサリー千花
佐藤ちか子さん(以下:ちかさん)の
素敵なアクセサリー新作展のご案内です(^^)

IMG_7133_convert_20181022143502.jpg

今回の新作 『LUCE ルーチェ』は、
ちかさん自身のコンプレックスから生まれた感謝を、
作品にぎゅーーーっと詰め込んだ作品です。

今回のフェアに伴い、
陶器のこと、道具のこと、材料のこと・・・
清武町のアトリエにお邪魔させていただき、
いろいろお話伺うことができました。

IMG_7077_convert_20181022140812.jpg

ちかさんの叔父様が陶芸家でいらっしゃって、
そのおじさまの教えの中で、

『人に作れないものを作るためには、
自分だけの道具を作ること。』

というものがあり、
金型や石膏型、彫刻刀や・・・
驚いたのは電気釜まで作って、

まさに作品の枠を超えて、
真摯にモノつくりに向き合っているんです。

IMG_7074_convert_20181022140753.jpg

すこし。すこしですが、
私もわかる気がします。

私も微々たることですが、
幼い頃からモノつくりは好きです。

でも、頼るものがないし、
私の場合、そんなにお金をかけれないこともあり、
身近に手に入る道具で、
パーツを作ったりします。

違うかもしれないけど、すこし・・・近い気がする。

IMG_7095_convert_20181022140832.jpg

ちかさんのアトリエには、
なんとも愛おしい道具の数々が並んでて、
それらがとっても美しかったんです。

アクセサリーの作品の数々は、
もちろんどれも素敵なんですが、

ブログで作る現場の美しさも知っていただきたいと思いました。

バッグの職人さんの現場も、そう。
華やかな舞台と違う美しさを持ってる。

私は、作る現場を知ってると、
モノを持つこと・使うことが、
もっと豊かになれると思っています。

IMG_7098_convert_20181022140853.jpg

今回の新作 『LUCE ルーチェ』のお話に戻ります(*^^*)

私はメガネを(伊達メガネ以外)かけませんが、
ちかさんは、いつもメガネです。

『視力が悪いことが、嫌だなぁ』と
コンプレックスを感じていたそうなのですが、

いやいや、私から見れば、
メガネの似合うとっても自由な素敵な女性。

IMG_7106_convert_20181022140912.jpg

『コンプレックス=嫌い』
という法則が、

『コンプレックス=大好き=ありがとう』
という法則に変わると、

面白いほど自分自身が好きになりませんか?

IMG_7108_convert_20181022140933.jpg

最近、自分自身のそのままを受け入れることに、
抵抗を感じなくなってきました。

太くて短くて汚い手。
一重の右目。黒すぎる髪。
肌のしみ。しわ。。。。まだまだいろいろ(笑)

隠してごまかしてきたものを、
そのままにする心地よさを覚えた気がします。

IMG_7109_convert_20181022141006.jpg

自分のコンプレックスを受け入れる優しさは、
巡り巡って、人を受け入れる優しさにつながってる。

コンプレックスも
悪い面ばかりでなく、
見方考え方次第でプラスの面にもなるということを、

ちかさんの作品の数々から
感じ取っていただけると幸いです(^^)

IMG_7110_convert_20181022141023.jpg

自分のコンプレックスに感謝する優しさは、
巡り巡って
人に感謝する優しさに繋がっている。

うん。
だったら、コンプレックスくらいあってもいいな♪

楽観主義者な私は、
そう思うのです。

IMG_7120_convert_20181022141055.jpg

コンプレックスがあってこそ、私。
コンプレックスがあるからこそ、私。

今日は、自分のコンプレックスを
可愛がってあげよう。

なんでも器用にこなせる不格好な手に。
感謝を込めて。


ちかさんの優しさがギュッと詰まった新作展。
ぜひ、ご覧になってくださいませ。


みなさまのご来店を、
心よりお待ちしております。




line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top