FC2ブログ
line-s
01.25


風合いイイ、ナチュラルレザーの革小物を展開する、
ZOOから、よーやくの入荷です☆
メーカーさんに感謝です☆ありがとうございます!

ブログアップする前から、
今日の売り上げアイテムはベルトラッシュです(^^)



zoo

栃木レザー使用。
真鍮の金具は、馬の蹄を掃除するのに使うもの。

この金具が、抜群に使いやすいです。

IMG_7746_convert_20150125174140.jpg

今でしたら、4色揃っています!

私がゲットした時は、黒しかなかったんですが、
4色そろえた~い。特に、赤が欲しい~。

でも、お客様優先!

IMG_7751_convert_20150125174223.jpg

上:私のベルト。かれこれ3年は使ってる。
下:新品ベルト。

真鍮の変色具合がいい感じでしょ???
革もとっても柔らかくなってて、
すごーくお気に入りアイテムです♪

IMG_7756_convert_20150125174242.jpg

このベルト、リピーターの方々大絶賛の商品です。
お値段の割には(税込¥7344-)、
素材が良すぎる。

2本買いしても、損しないと思う。
全色欲しい。身体はひとつなのに~。

お値段以上に、モノがイイ。
今、世の中の物の値上げが多い中、
シビアに見極めないとガッカリすること多いと思います。

この商品に限らず、そんな商品を作ることは難しいかもしれない。
見極めて選ぶことも、難しいかもしれない。

でも、そういう商品は、確実にどこかにある。

こういった商品を作ってくださることは、
私にはわからない苦労(?)がいっぱいあるんだと思います。

作り手は、お客様の顔が見えないのですが、
お客様からの最高の『ありがとう』は、
私とメーカーさんと半分こなんですよね☆

なので、ありがとうで~す(^^)





line-s
01.24


いつも POPで HAPPYでいること
いつも POPで HAPPYでいる方法

失うものを心配して 不安のスタンバイしないこと

何をしたいか?何が大好きなのか?
どんな自分でいることが HAPPYなのか?

そう思うと 幸せのスタンバイしか出来ないよ



vin doan

春ですね~(^^)
色といい、柄といい。

水彩画のような絵に、
パールを散りばめて、エナメル。
クロコの型押しが、ちょっと大人な感じです☆

IMG_7740_convert_20150124183649.jpg

私は、個人的には、
ハンドはハンド、ショルダーはショルダーが好きです。

どっちも・・・と言うのが苦手です。

これは、2WAYでも、トートでもありませんが、
ハンドでしか持てないことで、
キチンと感がしっかりあります。

IMG_7735_convert_20150124183627.jpg

フォーマルとまでいかなくても、
友人とのランチだったり、
1人でのゆっくりとした時間だったり、
日常の自分とちょっと離れる時間のおしゃれを楽しむのに、
ちょっと・・・いい具合の背伸びして持っても、キュートでしょ?



『スタンバイ』・・・好きな言葉です。
じっくりスタンバイしてたら、いいタイミングで『GO』サインを出せるんです。

スタンバイしてる時は、現状をしっかり把握して、
受け入れなければならないのですが、
これからの展開を想像すると、
ワクワクしてたまらないのです☆

ファッションショーの舞台袖でタイミングを計り、
スタンバイされた最高のモデルたちを、
次々にランウェイに送り出すイメージです。

最後に、ランウェイに少し顔出して、
30秒でも盛大に拍手をいただけたら華です。

そして、次。
次の始まりを迎えること。
次のスタンバイをしつつ、
最高の拍手を想像するのです。




line-s
01.23


文章を書くことは好きですが、
写真のセンスはイマイチです。

言葉の表現は好きですが、
表情豊かとは言えません。

ただ思い想いに好きなように書いて、
お仕事の範囲なので商品を紹介して、
自分の中の気持ちのお片づけを綴る。

Though I think・・・・・私、思うんだけどサ。
お付き合いいただいて、光栄です♥︎



beau dessin

カジュアルなバケツ型ですが、
こんなにきちんと感があるのは、
素材に高級感があるから。

IMG_7720_convert_20150123183206.jpg

厚手の原皮をなめす工程を2度繰り返して、
革の芯までしっかりタンニンを浸透させています。

こういう革って、商品として売り場にある時より、
お客様が使ってくださって、何年か経った時の方が、
とってもいい表情になってて、素敵なんです〜。

IMG_7717_convert_20150123183146.jpg

このバケツ型バッグの後ろ。
向かって左。私の後ろの左。

あれも、いいでしょ⁈
ほら、違うとこ見てるでしょ⁈今‼︎

IMG_7728_convert_20150123183243.jpg

素肌が見えるくらいに、薄くなめした革に
プレスして艶を出しています。

何かを塗って艶を出しているんじゃなく、
言って見ればアイロンかけて艶出ししているので、
艶に透明感があり、革のコシがある革らしい手触りです。

IMG_7725_convert_20150123183223.jpg

とにかく、軽い♪
あえて、メッセンジャーバッグの長さで持っていただきたいです。



ブログを書いてて、ずいぶん経つのですが、
いろんな見解があり、面白いです(^^)

最近は、私の後ろの商品を目掛けて、
『昨日のブログの後ろのバッグ〜!』
・・・あれ⁈主役も見てよ。

なーんてことがあります☆

今日ご紹介のバッグは、
それぞれ色違いがあったのですが、
そういう理由で、オヨメに行きました☆

今日は、後ろがあんまり見えないよ♪
グフフ。


line-s
01.22



とにかく、難しいコト抜きで、
単純に純粋に素直に考えれば、
明るい方がいい。

損得勘定抜きで、
感性の赴くまま、
明るい方がいい。



vin doan

くっきりとした『あか』に
シルバーのドット。

とにかく、きれいな『あか』です。

IMG_7705_convert_20150121172812.jpg

そのまま使って、ハンドでも。
口折れにして、クラッチでも。

バッグインバッグとして、
いつも持ち歩きたい〜(^^)

IMG_7712_convert_20150121172853.jpg

そろいの小物たちも。
こんな『あか』小物は、
バッグの中が華やぐからいいんですよね☆

IMG_7713_convert_20150121172912.jpg

裏地は、ほら、スカイブルーです。

IMG_7711_convert_20150121172833.jpg

とにかく、なんだか元気出てしまう『あか』です。
いかがでしょう(^^)


色は、いっぱいあっていいと思う。
色数少なくまとめちゃうことが良しとされることが多いけど、
色数多くなってしまって
『今日、ダメじゃん!』っていうのもいいと思う。

色はいっぱいあっていいと思う。

これだけ世の中に色が存在するんだから、
色んな色の組み合わせと出会ってみるのもいいと思う。

気になる色がある時は、
躊躇しないでトライするべき☆

失敗(とは言いたくないけど)の数だけ、
その色を理解しているはずですから♪

私は、生活の中には色があってほしいです。
私の色だけでは、生きてて本当につまらないだろうから。




line-s
01.21


革の京友禅、浪速屋商店さんの
『たとかーふ』から、新柄☆というか、
古典的な柄(かなりのリバイバルだそうですが新鮮)の仲間入りです(^^)

古典柄には、いろんな縁起ストーリーがついてるんですよ♪


naniwayashoten

末広がりの扇子に、吉凶が千変万化する雲の柄。
ふたつの葉がひとつに結ばれる縁起物の松葉、
自由多彩な水玉。。。

日本古来の模様には、
日本人の心・願い・想い・・・・いろんな要素が含まれています。

そう思うと、日本人でよかった❤と思います。

IMG_7685_convert_20150118174920.jpg

これは、かわったクチガネの名刺入れ。
名刺交換や、ご挨拶の時に、
『変わった名刺入れですね☆』なーんて話になった時、
ちょっと古典柄の話なんかいかがでしょう(^^)

私は、月に1~2回ほど、
お店に着物を着てきます。

着物でバッグ屋ってのも、ちょっと未だに恥ずかしいのですが、
古典って、未来への思いやりの学問だと思うんです。

学問として学ぶことは、ちょっと堅苦しいかもしれませんが、
風俗として学んでみると、とっても奥深くて面白いものです。

柄粋を知って、着物を着る。
ちょっとした古典からのメッセージが、
粋なおしゃれのアクセントになってることが多いですよ☆




line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
創作屋(延岡市)のブログです(*^^*)素敵なバッグやアイテムをご紹介させていただきます。お店もブログも楽しんでいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top