FC2ブログ
line-s
09.30


時々ルール違反するのもいいよ。
誰に迷惑かけることなくって、
誰に失礼なければ。

気分に任せて、ハチャメチャは楽しい。

これが一番私らしい。
これが一番似合ってるね。



regalo

『ダルとレオ』なんのこっちゃ!
って、なんてことない。

『ダルメシアンとレオパード』です。

アクセントの王道かも~。

IMG_3877_convert_20130930185206.jpg

かわいいんだけど、ちょっと強くなった気がするのは、
私だけ?なのかな?

無地にダルレオより、
元気な色柄にダルレオが好き。

弾け具合が、少し『かっこかわいく』なりませんか?

IMG_3884_convert_20130930185227.jpg

ダルは黒系、レオは茶系のコーディネートに。
色の系列を揃えるだけで、品よくまとまる柄です。

でも、私は、メチャクチャコーデが好きです☆


スポンサーサイト
line-s
09.30


秋です。

まだ半袖を仕舞えない。
この時期、活躍するのはストール!

でも私、上手く巻けないんです。
でも、好きなんです。

IMG_3888_convert_20130930185746.jpg

だから、ボーデッサンのバングルを使うんです。
ほら、ストールがちょっとお洒落なはおりものになるでしょ?

IMG_3889_convert_20130930185251.jpg

ストールの端々を重ねて留めるだけ。

IMG_3890_convert_20130930185311.jpg

持ってる方は、やってみてください。
個人的に、半袖でするのがカッコいいと思います。

line-s
09.28


女性は、エレガントな要素を必ず一つ持っている。

どんな女性にもそれは言える。

言葉使いであったり、心配りであったり、
見た目じゃなく、どことなくそんな要素を持っている。

そんなエレガントな部分を、
バッグを持つことで表現できたらなぁ。




michiamo

SOSAKUYAには、ミキアモ・ソフトキップがたくさん並んでいます♪
ソフトキップの中での私のお気に入りと一緒に、
少しデザイナーさんのお話です。

上記内容は、デザイナーさんが私に話してくれたこと。
今も私の心の中に残っています。


IMG_3825_convert_20130928192733.jpg

出産をし、仕事復帰した売り場には、
新ブランド『michiamo ミキアモ』が並んでおりました。

正直・・・・・私にはわかんなかった。
何がいいのか、わかんなかった。
わかったのはただ一つ。

『このブランドの使っている素材を、
このデザインで縫いきる職人はすごい!』

そのぐらい、デザインが私にとっては『斬新すぎた』のでした。

IMG_3837_convert_20130927185338.jpg

正直、売ることに戸惑いました。
お客さんに嘘はいけません。

なので、単身デザイナーさんに会いに行きました。

『わからないので、私と話をしてください。』と。

正直会いに行くのは怖かったけど、デザイナーに嫌われる方が、
嘘ついてバッグ売るよりマシだと思った。

IMG_3842_convert_20130927185243.jpg

デザイナーに会う日、店で一番高いミキアモを買って行った。
イタリアの青の洞窟の水面のようなブルーの、
ドデカイバッグ。一応、コーディネートしてね☆

『ワタシ、これ、似合いますか?』との問いに、微笑んでくださいました。

『ワタシ、ミキアモってわかんなくって持ってるんですけど。』

『背伸びしても、店で一番いいバッグを持っても、
私には似合わないので、わかりません。
私、言うことを聞くつもりはないのですが、
私と話をしてくださいませんか?』

それから、名古屋の街を早足で歩き、
店の構造、ディスプレイ、心理的要素・・・・話してくださいました。

IMG_3846_convert_20130927185212.jpg

それから女子高生のようにオープンカフェで人間ウォッチングを2時間。
もう一方のデザイナーさんも合流して、
お話を聞く・・・・・はずが、あれれ、
ワインが入ってしまい、私の独演会になってしまいました。

『私にも、エレガントな部分ってあるんですか?』
『このバッグ、まだまだ似合わないけど、私に似合う日が来ますか?』

デザイナー、なんて言ったでしょう?

『ねえさん(私のこと)は、それだけ元気があれば、大丈夫。』


きっと、おかしなやつだとは思ってたでしょうけど、
あたたかい目でいつも見てくれて、
本当に感謝します。

エレガンスは、私の永遠の課題です。。。





line-s
09.28


見た目の華やかさが引き立つのは、
見えない強さと美しさの賜物。

見る人が楽しめるように、
出会う人が心地よくなるように、
先に先に、いつも先の演出をする。

その姿が『あでやか』



michiamo

ミキアモから、着物に似合うバッグです~♪
デザイナーさんが、和服をイメージして作ってくださいましたよ~♪

セルロイドで囲ったクチガネと、
水彩画のようなグラデーションがかった色彩。

IMG_3863_convert_20130928183021.jpg

今日はこのバッグのために、着物を着てきました♪
これは、私の一番好きな着物です。

ミキアモに合うかな?

IMG_3865_convert_20130928182957.jpg

一番お気に入りのところは、
着物の八掛のような『裏のおしゃれ』です☆

パープルのベルベットが、最高にきれい☆
すごーく粋ですよ☆

画像では伝わらなーい!!!
実物、もっと素敵です!!!

ぜひ、店頭でご覧になってくださーい!!!


line-s
09.25


仕掛人の読む空気を、
どれだけの人が味わえるのか?

味わった方が得なのか?
味わったら損なのか?

味わった後の空気も、
仕掛人は仕掛けている。


IMG_3796_convert_20130923192642.jpg
regalo

今年注目のバイカラー。

メリハリのあるバイカラーも、
さりげないバイカラーも、
ちょっと流行を意識するのは楽しい。

IMG_3800_convert_20130923192707.jpg

『流行を追う』と『流行を意識する』とでは、
なんか意識するって方がいい感じですよね。

追うっていうと、自分らしさが流されてしまう感じだからかな?

IMG_3803_convert_20130923192727.jpg

『流行を作る』仕掛人は、
私達が商品として流行を目にする何年も前から、
イマジネーションを働かせています。

世の中の動き、歴史、これからの展開等々、
何かを生み出すための仕掛けを、
試行錯誤して作るのです。


IMG_3809_convert_20130923192747.jpg

生み出された『流行』は、
世の中であらゆる評価をうけ、
廃れていく。

廃れる様を見て、人は、
『流行に踊らされることは、良くない。』と受け取る。

廃れる様は確かに『損』だけど、
廃れるから、新しい価値が生まれるんじゃないかな?

流行に億劫にならずに、
そのシーズン楽しんだらいいじゃないでしょうか?

私も何か一つ、色でも形でも、何でもいいから、
流行のものを取り入れるようにしています☆



line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top