FC2ブログ
line-s
07.11



一目見て感じることが、
絶対にその本質とは限らないけど、

違った感じ方をそれぞれが持ってる方が、
本質の広がりがあって素敵だと思う。

それぞれの広がりのところどころが、
ちょっとずつリンクするのは面白い。






a.o.b

ようやく、宮崎も梅雨明けの様子(*^^*)
夏本番に向けて~、私はわくわくしています!!!

でもこの時期、
素敵な秋物の入荷する時期でもあるのです。

秋を意識したカラーの、
ワッペンバッグご紹介です~♪

IMG_8796_convert_20210711172435.jpg

ワイン、ボルドー、バーガンディ・・・
良い方はいろいろありますが、

深い味わいのある、好きな色です。

大人っぽい色なので、
カジュアルなワッペンバッグが、
ぐっと大人びて見えて素敵です(*^^*)

IMG_8811_convert_20210711172318.jpg

グレージュ、サンドベージュ、カーキ・・・
ちょっとワイルドながらも、
微妙な色のニュアンスがクールです。

かっこよく品よく、持ちたい色です。

落ち着きがあって、
これも素敵な色です~。

IMG_8790_convert_20210711172457.jpg

ランダムについてるヴィンテージワッペン。

一つ一つの小さな中に、
どれだけのデザインが詰まってるんだろう。

カタチや色はもちろんのこと、
レタリングデザイン、エンブレムとしての意味合いなどなど。

ワッペンって、
ものすごく小っちゃい広告ですよね(*^^*)

IMG_8806_convert_20210711172407.jpg

見てるだけでも楽しいワッペンですが、
このワンショルダー以外のトートタイプもございます。

しっかりした6号帆布に、
上質なブライドルレザーのハンドル、銅鋲など、
ワッペン以外もこだわりの内容で作られております。

大人なテイストを楽しんでいただけると嬉しいです。




私は何も変わってないと思うのですが、

50を目の前にして、
『よかったな~』と思える気づきがいくつもあります(*^^*)

そんな感覚は、
どの年齢でも感じることかもしれませんが、


良いことにしろ悪いことにしろ、
『気づく』ことは、
自分の本質を見てしまうことだと思うのです。

そして、それは自分自身では無理な話で、
いろんな方々や出来事によって、
自分が浮き彫りになり、
『気づく』ことになります。

なんだかそんなことが、
ありがたいやら嬉しいやらで、

これからもいろいろあるだろうけど、
なんだか不思議と不安はないのです(*^^*)

(ただの能天気発言ですけど)

歳を重ねるって、
だから素敵なのかもしれません。

なので、みなさんに感謝感謝なのです(*^^*)
ありがとうございます。




【問】
●創作屋
延岡市安賀多町3-6-6 赤松ビル1F
0982-33-6659
◇HP:sosakuya.com


【創作屋】
banner_sosakuya.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  


---------------------------


【宮崎 Guest House】
banner_guest_house.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー 


---------------------------


【Bag shop idee】
banner_idee.png

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー







スポンサーサイト



line-s
04.09



ズームイン

ズームアウト


自分に取り巻かれる出来事を、
どのアングルでフォーカスするのか。

そんなことを
いつも面白がっていたい。




a.o.b

風合いのある遠州コットンに、
ガクブチのような革のモチーフがランダムに乗っかった、
アートな雰囲気のバッグたち。

遊び心のあるデザインと上質な素材は、
カジュアルスタイルには大切です。。。

IMG_7696_convert_20210402215638.jpg

遠州(静岡県西部)地方~尾州地方には、
古くから生地の生産が盛んな地域です。

織り・染め以外にも、生地を作るにはいろんな工程があるのですが、
一地方で全ての工程で生地を作れる地域は珍しいのです。

世界でも生地のクオリティの高さが認められている地域です。

IMG_7687_convert_20210402215609.jpg

遠州コットン、なんといいますか・・・
織り糸一本一本の『より』に弾力があり、
空気を含んでいるかのよう。

荒々しくもなく、重々しくもなく、
軽々しくもなく。

そんなところが、上質な革と似てる気がします。

遠州の空っ風の作る生地の風合い。
その場所に行ってみたくなる。



ズームアップでしか見れなかったことが、
ズームアウト、いわゆる『引き』で見られるようになると、
世界が広く面白く感じます。

物事をついつい自分勝手な見方になりがちですが、
いろんなズームアウト機能を身につけると、
腹立たしい事でも笑えてしまう(*^^*)

・・・なんか、最近はそんなことばかりです(笑)
・・・良い気付きばかりな気がする。。。

去年の今頃、この一年 『朗読と俳句』を続けてみようと思って、
出来はさておき、一年続きました。

なので、どうせだったら、
『とりあえず10年やることにしよう』と思ったのです。

私はちょっとのんきなところがあって、
好き嫌いを判断するのに最低10年かかるのです。

好き嫌いなのか、向き不向きなのか、
とにかく10年やってみる。それから判断する。
3年じゃない。3年は無理。

これから10年。
あれ?そのころは還暦間近か☆
なんか、これからの10年が楽しみ(*^^*)






【問】
●創作屋
延岡市安賀多町3-6-6 赤松ビル1F
0982-33-6659
◇HP:sosakuya.com


【創作屋】
banner_sosakuya.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  


---------------------------


【宮崎 Guest House】
banner_guest_house.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー 


---------------------------


【Bag shop idee】
banner_idee.png

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー



line-s
03.28




好きなように、思うように。

単純に描いたままのことが、
カタチに出来るようになるって、

道のりが近かろうが遠かろうが、
喜ばしいことだと思う。




a.o.b

デザイナーさんは、リネンが好きだと言う。
好きなリネンを求めて出会った生地が、

フランス:サラフィン社のリッチリネン。

IMG_7636_convert_20210328132848.jpg

そして、好きなリネンを使ってバッグを作るには、
付属と言えども素敵な革をあしらいたい。

それで出会ったのが、

ドイツ:キルダー社のブライドルレザー。

IMG_7631_convert_20210328132751.jpg

同じく付属のショルダーベルトも、
幅広のヘリンボーンリネンテープ、

留め具は、腐食・変色がほぼない銅鋲。
空洞のないリベットは強靭で重厚感があります。

IMG_7649_convert_20210328133039.jpg

カラーは、キナリとブラック。

IMG_7651_convert_20210328160250.jpg

2サイズで、ざっくり持てる大振りサイズですが、
軽量です。

IMG_7654_convert_20210328160317.jpg

インナーには帆布が使われていて、
間仕切りになっているのですが、

帆布の『張り』によって、
表の柔らかいリネンが型崩れしにくい作りになっています。

ここは、一番作り手の愛情を感じた部分です。

IMG_7644_convert_20210328133011.jpg

ここで正直な話を言うと、
私個人としては、革が好きなので、
リネンやハンプはそこまで追わない。

でも、これは『良い』です。
補足不要。

どうせ持つなら、こういうのがいいです。

IMG_7626_convert_20210328132641.jpg

デザイナーさんは、自分の個人技すぎる作品だとおっしゃるけど、
お客様の使い心地と気持ちを自然と汲んでるのがわかる。

とても嬉しくて、ありがたいことです。
ぜひ、ご覧になってみてくださいね(*^^*)




最近、前にも増して・・・
『どんなことがあっても、ささやかでも生活が成り立つ上で、
好きなように自由に描くように、生きて行けばいいよ。』と、
息子に言っています。

まるで、自分にも言い聞かせるように(笑)

私自身、まだまだ発展途上です。
今、バッグ屋ですが、これから将来何をするのか?
可能性は未知数です。

バッグ屋をしながら違うアプローチをするのか、
バッグ屋をベースに更なる展開を起こすのか、

バッグ屋という勉強をしながら、ファッション関連の勉強をしながら、
この仕事に着いた時から・・・ずっ・・・・と模索しています。

元々興味のないことを仕事としてしまったので、
冷めるところと熱するところのポイントがズレてるようです。

しかしながら私の場合、そういうスタンスの方が、
この仕事を楽しめるようです。

第三者として仕事を客観視することは、
遠回りでしょうが経験値は増えます。

経験値と言えば聞こえはいいですが、
要はわからないことだらけなので、
疑問質問愚問だらけ。(傍からみると向上心の塊に見えるっぽい)

これが、面白いことであり、似合うことであり、
喜ばしいことであるという、
大切な私のフィルターです。

このフィルターを通して気に入ったバッグを、
みなさまにご紹介する仕事なので、
フィルターのスペックを上げる努力は惜しまないようにと思っています。

みなさまにつきましては、いつもお付き合いいただき、
本当に感謝しています。





【問】
●創作屋
延岡市安賀多町3-6-6 赤松ビル1F
0982-33-6659
◇HP:sosakuya.com


【創作屋】
banner_sosakuya.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  


---------------------------


【宮崎 Guest House】
banner_guest_house.png 

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー 


---------------------------


【Bag shop idee】
banner_idee.png

ブログ画像  インスタバナー  フェイスブックバナー  オンラインストアバナー






line-s
12.05

こんにちは☆


撥水性が高く、丈夫で上質なナイロン素材で作られた、
折りたたみショルダーバッグ。

メンズのエコバッグとしてのご提案です☆


IMG_6380_convert_20201124171522.jpg
a.o.b

折りたたんだ時の大きさは、
15cm×12cm×3cmくらいです☆

折りたたみを開いていくと、
このような感じです。。。

IMG_6375_convert_20201124171444.jpg
IMG_6372_convert_20201124171354.jpg
IMG_6369_convert_20201124171315.jpg
IMG_6368_convert_20201124171251.jpg

ショルダーベルトはメッセンジャーバッグのように短いので、
自転車愛用される方にとってもおしゃれだと思いますよ♪

IMG_6363_convert_20201124171206.jpg

エコバッグは女性向きのデザインが多いので、
実用性も兼ねた便利アイテムとして、
ギフトにもいかがでしょうか~?





line-s
11.22



色づく木々がきれいだったり
趣味に使う時間が時々あったり
気持ちを共有出来たり
思わぬハプニングにあったり

大きいことではないけど、
数えきれないほど楽しい瞬間がある。

数えてみたとすれば、
間違いなく楽しい瞬間の方が多いんだと思う。





a.o.b

このところの小春日和を思わせるような生地。

表面の凹凸が面白い、
尾州毛織物の生地。

世界三大毛織物の一つが日本の尾州織りです。

尾州織りを贅沢に使って作られたバッグは、
まるで一枚の絵を持っているような感覚になります。

IMG_6290_convert_20201116171227.jpg

付属の革は とても柔らかく、
生地のシルエットをきれいに見せてくれます。

実はこの革、抗菌加工された革なんです☆

なので、ハンドルの部分はあえて革を表に出してアクセントにせず、
内側(手や体に当たるほう)に使ったんだそうです(*^^*)

IMG_6300_convert_20201116171319.jpg

デザインは、ワンショルダーと、
バケツ型トートバッグです。

どちらのカタチも、
使いやすいカタチです。

IMG_6319_convert_20201116171358.jpg

抗菌加工された革のフラップポケットには・・・
いいものが入っています♪

ちょこっと持ちの便利バッグが、
小さく折りたたまれてはいってるんです。

街歩きが楽しめそう(*^^*)

IMG_6322_convert_20201116171414.jpg

抗菌加工をほどこされた生地と革。
作り手さんからの素材説明のメッセージも嬉しい。




この数年、秋を感じる間もなく冬を迎えてた気がしますが、
今年は清々しくもゆっくりと、
秋を堪能出来てる気がします(*^^*)

季節の移ろいや日々の出来事に、
嬉しい楽しい気持ちにしてもらってます(*^^*)

ひょっとしたら毎年そうだったのに、
このコロナ禍で、季節や日々を一層見つめることが多くなった分、
気がつくことが多くなったのかもしれません。

長い長い歴史の中の、
ほんの一部分を生きてる私は、
コロナ禍という歴史上大きな出来事の中でも、

季節を感じ、素敵な人と出会い、
美味しいものを食べ、学びを得ることが出来る。

何か大きな【ラッキー】といえることがなくとも、
私は充分すぎるほど、何もしなくても【ツイてる】のだと思います。

そう思っているので、
【ラッキーアイテム】より【自分が好きなもの】に興味がありますし、
タイミングも考えません。

自然は流れてる。
歴史は動いてる。
その一部分である自分がいるだけ。。。。。なのに、
ちょこちょこ楽しい。ちょこちょこ嬉しい。

たくさんの人のおかげなんだと思う。
ありがとうございます(*^^*)





明日11月23日(月)は、
店休日になります。


よろしくお願いいたします。






line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
創作屋(延岡市)のブログです(*^^*)素敵なバッグやアイテムをご紹介させていただきます。お店もブログも楽しんでいただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top