FC2ブログ
line-s
04.14



『ほぼ、黒に見えるくらいのインディゴブルーで、
リュックを作ろうと思っています』

と、お声かけ戴いてお願いしてたのですが、
ようやく出来上がりました☆

ビースタッフのスーパーソフトな牛革シリーズ、
ANNAの人気リュック入荷です♪




b.stuff

しなやかな牛革なので、体いフィットしやすく、
しずく状のシルエットがすっきりしています。

中に入れるものが少なくても、
それなりでも、
シルエットがキレイです(*^^*)

IMG_9634_convert_20190411181226.jpg

肩ベルトの引っ張り具合によって、
リュックで使えたり、
セミショルダーで使えたりします。

ちょこちょこお財布を出し入れするときなんかは、
このつくりは便利です☆

IMG_9629_convert_20190411181209.jpg

写真はすべて、インディゴブルーなのですが、
うん。黒にしか見えない・・・。

IMG_9619_convert_20190411181151.jpg

見る角度によっては、
ようやく深い深いインディゴブルーがわかります。

左が黒。
右がインディゴブルー。

青緑にも見える、
深い深い色。

限定数2本です。

いかがでしょうか?




スポンサーサイト
line-s
04.11



革の性格と
バッグとしての物理的要素と
無駄のないデザイン

理にかなってると思ったバッグ。


IMG_9482_convert_20190405181010.jpg
b.stuff

きめ細かい上質なヌメ革を、
切り替え無しに贅沢に使ったバッグ。

革の素肌がうっすらと見える、
透明感ある染め。

カジュアルですが、上質・上品なバッグ。

IMG_9479_convert_20190405180949.jpg

しっかりしたヌメ革を表裏に使い、
革本来の『張り』で立ってくれます。

ちらっと見えるサイド部分は、
同じ牛革でも、ふんわりした空気感のある肌触りのものを。

開閉する部分なので、
『張り』のある牛革じゃなく、
『しなやかさ』のある牛革を使ってる。

IMG_9486_convert_20190405181032.jpg

適材適所。

革は鞣し方、加工の仕方によって、
使う部分によって、

硬い・柔らかい・伸縮・・・などなど、
いろんな性格を持っています。

同じ性格の革を、
芯地を張ったり、
薄くすいたりせずに、

IMG_9467_convert_20190405180812.jpg

強度の必要なところは、
張りのある強い革を。

動きが必要なところは、
柔らかくしなやかな革を。

シンプルなデザインの中に、
いろんな工夫が見え隠れして、
とても洗練されています。

IMG_9462_(2)_convert_20190405180704.jpg

私、ビースタッフのバッグで、
これが一番好きかもしれない。

モノつくりの原点を見てるようで、
一つ持ってるとホッとするバッグだと思う。







line-s
03.18



ビースタッフ自慢のポニーメッシュ。
とっても素敵な色のショルダーが入荷しました☆




b.stuff

茶色って、カジュアルにも上品にもなる色です。
この茶色は『キャラウェイ』という名前が付いてて、
なんともキュートな感じ(*^^*)

IMG_9132_convert_20190309152817.jpg

こうしてみると、キャラメルみたい☆

1センチ幅にカットされた上質な馬革を、
まるで布織物を織るように、
機織り機で一目一目織りあげてます。

馬革そのものの傷などがない部分だけを使ったメッシュ。
贅沢な素晴らしいメッシュ。

IMG_9124_convert_20190309152742.jpg

ショルダーベルトのかけ方で、
ハンドとしても楽しめます。

バッグの持ち手の長さが変わると、
ちょっと雰囲気変えられますよね(*^^*)

カジュアルだと長めに。
きちんとだと短めに。
ご参考にまで。


IMG_9130_convert_20190309152758.jpg

森永の塩キャラメル。。。
このバッグを見てると、
無性に食べたくなりました。

仕事帰りに買おう・・・と思うんだけど、
帰るときには忘れてるんです。

今日こそは☆
明日こそは☆


・・・ね!!!





line-s
03.02



持ってみないとわからないことがあるように
なくしてみないとわからないこともある

自分にとって『必要だ』と思っていたけど
案外『そうでもなかったわ~』と思う時

妙にすっきり気持ちが上がる




B.stuff

革のシボによって細やかに反射する、
品の良いメタリックカラーの
スリムなお財布。

カード収納4か所と、
お札とコイン。

シンプルなつくりです。


最近尋ねられることが多くなったコンパクトなアイテム。
お財布もそうですが、
ポシェットやカード兼コインケースなどなど。

お支払方法や買い物ポイントの普及で、
お財布もスリムになってきてるんだと思います。

・・・私のお財布は世の中の流れとは別の意味でスリムですが・・・

モノは、増える。
私が必要としなくても、
自然と勝手に増えてる。

どーーーしても、増える。

だから、わざわざ必要としないものを求めなくていいと思うし、
必要としないものをキープしとかなくていい。

自分が好きで惚れ込んだもの以外は、
案外、なくても困らない。。。と思いませんか???





line-s
02.03



私は、持ち物が少ないのに、
大きめのバッグを持つことが多い。

バッグの中の『余白』を見ると、
バッグをきれいに使ってる気がしてホッとする。

革の『落ち感』や『しなり具合』も、
バッグの中身が少なく、
きれいに使ってるからこそ、
『バッグがきれいに映る』んだと思ってる。

それが私の『バッグの色香』です。



B.stuff

ふっくらとした空気感のある、
柔らかく肌触りのいい牛革。

本体からハンドルへのアプローチラインと、
ちょっと横長なデザインが、
シンプルながらにアプローチしてるところかな(*^^*)

IMG_8664_convert_20190203133130.jpg

この大きさにもかかわらず、
継ぎ目を入れない革の使い方をしています。

上質な傷のない革を、
型押しや着色で元々の傷などを隠さず、
贅沢に使っているんです。

こういった革の取り方をしてるものは、
案外少ないです。
気を付けて見てみてください。

IMG_8667_convert_20190203133154.jpg

何気ないものに、特別な部分があると、
本質をチラ見したようで、
語弊があるかもしれませんが、
色気を感じることがります。

私の尊敬するバイヤーさんも、
デザイナーさんも、メーカーさんも、
そのようなことを言います。

モノには『色』がないと、だめなんだ。   と。

もちろん、『色』とは色気・色香のことで、
カラーじゃありません。

これを語りだすと、私は止まらなくなるので、
ほんの一部分を申し上げますと、

『革』は鏡のようなもので、
汚く使えば、汚く映る。
きれいに使えば、きれいに映る。
同じ経年変化でも、
汚く変化するか、きれいに変化するかは、
自分次第。
『革』のせいじゃない。
いい『革』は、必ず育つ。
レディに育てるのは自分自身。

30代後半、40歳を迎えようとした頃から、
モノの使い方・所作を考えるようになりました。
それまでは、モノによっては雑に使っていましたので。。。

私は、高額品はたくさん持てないし、
ケアすることにお金を使いたくありません。
日頃の行いと使い方を少し気を付ける程度で十分。
と、今は思っています。

あと数年後・・・50を迎えるころには、
私らしい色香を持ち備えていられるといいんですけど☆

モノから教わることは、
本当に多い。

だから、きちんと選んで、
大事にしたいんです。




line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top