FC2ブログ
line-s
12.15



『わかる範囲で』が 心地いい。
『できる範囲で』が  楽しめる。

時々がんばる時は、

心地いい環境で、
楽しいの延長上で。




B.stuff

見てるだけで、ほのぼのしてくる~。
ほっこり感あふれるガマグチウォレット(*^^*)

ガマグチの「ヒネリ」の形や、
金具を革巻きしてるところなんか、
すっきりしてておしゃれです。

IMG_8415_convert_20181215164048.jpg

そして、ガマグチは親子式になってて、
中を開くとバイカラーになってるんです☆

いわゆる、
カードがいっぱい入って、
仕切りもたくさんあって・・・というお財布ではありませんが、
持ってて心地よいお財布だということは、
間違いないと思います。

だって、この革、
ふっ・・・・・くらした肌触りなんですもん。
空気をたっぷり含んだような牛革。

お財布にしなくても、
ポーチとして使ってもいいと思います(*^^*)

ただ、どの色も素敵なので、
ものすごーく迷いそうです☆

どれにしよっかな~(*^^*)




『分かる範囲で』とか『出来る範囲で』
物事が動くことは理想ですが、
毎回そうとは限りません。

なので、私のマイルールですが・・・(^^)
心地いいうちに、楽しいうちに、
タイムリミットを設けるようにしています。

そうすると、
心地いい時に方向転換出来て、
楽しいうちに次の目標を見つけてしまう。

なので、
あ、失敗ってないんだなーって思う。

私、自分のことは、
上手に生きてない人だと思うのですが、
後悔とか苦労とか無い人でいたいんです。

同じような大変な経験をしたとしても、
後悔とか苦労とかが無い人として見て欲しい。

そんな私を見て、
面白い人だなと思っていただけたら
最高かな(#^^#)








スポンサーサイト
line-s
12.14




個人的には・・・の話だけど、

仕事で使う名刺入れだけは、
使用感を感じないほうがいい。

使用感を感じたら、変えるようにしている。

いつも新しい気持ちで
ご挨拶できるように。



B.stuff

薄マチで、すっきりしたデザイン。
名刺を着用するのに、とってもスマートです。

名刺は人様の前でバッグや背広から出すものですので、
出し入れする仕草も
スムーズであるようなデザインが大切だと思います。

IMG_8385_convert_20181214144738.jpg

かぶせの差し込み部分に挟めておくことができるので、

ご挨拶後の会話を楽しみながら、
お名前を確認出来て便利です。

背面にもカード入れスペースがあるのも嬉しい(*^^*)

気持ちよくお仕事するのに、
ちょっと名刺入れを見直してみませんか?

仕事のものを、きちんとすると、
真摯な気持ちで取り組むことができます。

仕事はまだまだ未熟な部分ばかりですが、
感謝を忘れずに、
いつも新しい気持ちでいたいと思うばかりです。





最近のお気に入り。
チェットベイカーとチリーゴンザレス。

IMG_8390_convert_20181214144801.jpg

私自身の好きなところですが・・・
音楽は出会いと感覚で選んでて、
恋をする感覚に似ている。

まんまと、音のとりこになってしまう。

本と同じく、語れないけど(#^^#)
今の自分と、これからの自分に、
おすすめです♪




line-s
11.15



素材にこだわること。
つまり、上質な革であるということ。

ディテールにこだわること。
すなわち、縫製にこだわるということ。

革を『剥かない』こと。
・・・・・それって、こだわること?

どうしてだろう?





B.stuff

ビースタッフの王道のバッグの一つ。
2WAYトートバッグです。

とてもシンプルな作りですが、
これだけの大きさにも関わらず、
革を継いでないという贅沢なバッグです。

これだけの面を、
こんなにきれいな状態の革一枚で使う贅沢。

とても、かっこ良いバッグです(#^^#)

IMG_8061_convert_20181115185016.jpg

通常、出し入れ口部分には、
マグネットなどが用いられることが多いですが、

これまた贅沢に、
革ひもをくるりんと結ぶんです。

ちょっとしたアクセントになってる。

IMG_8068_convert_20181115185123.jpg

先日、ビースタッフさんにお邪魔して、
いろんな話をしていただいたのですが、
共感できることが沢山あって、
とても心があたたかくなりました。

しかし、一つだけ疑問があって・・・
『革を剥かないことにこだわってる』っておっしゃるんです。

そのとき、すぐすぐどうしてなのか?伺えばよかったのですが、
私の好奇心がブレーキをかけて、
少し自分で考えてみたくなったのでした。

私は、革を薄く剥いて加工しているバッグは好きです。
切りっぱなしやコバ塗りしたものよりも、
すっきり見えるので、やはり好きです。

ビースタッフのバッグは、
切りっぱなしのコバ塗りがほとんどです。
しかも、べたーっとじゃなく、
さらっと塗ってるだけです。

では、何故コバ塗りという作業が必要なのか、
おわかりでしょうか?

革の表面(つるつるした面)と、
裏面(スエード面)は、見た目も質感も違います。

革を切りっぱなしにすると、
表面は問題ないのですが、
裏面はスエードの毛足のケバケバがはみ出してしまうので、
それをはみ出さないように塗り固めるのが、
床塗りやコバ塗りです。

革も部分で質感が違います。
背や肩はしっかりしていますが、
腹の部分は柔らかい分のびやすく、
裏面はケバケバしています。

でも、上質な革になると、
革の厚みをそろえる段階で、
ケバケバした毛足はほぼなくなりますし、
背や肩の革の繊維質が
密で丈夫な部分を使っているので、

切りっぱなしで、ほんの少しコバ塗りをするくらいで、
きれいなんです。

つまり、それほどの上質なものを使っていますよという証で、
『剥かない』ということにこだわっていると思っています。

疑問の答えが正解なのかはわかりませんが、
すぐすぐ答えを求めるより、
ビースタッフのバッグを眺めてたら、
答えをもらった気がしています。

本当の答えは、
またの機会に、伺ってみようと思っていますが、

たぶん、あってると思う。





line-s
10.13



黒というカラーは、
決して無難には思えない。

シンプルなカラーだからこそ、
私も黒というカラーも
素敵に見えるように、

洗練された質のアイテムを
身に着けたいと思う。




B.stiff

先日、お友達のMIYUちゃんが、
枝を背負って遊びに来てくれました☆

おしゃれな形の葉っぱの
ブルーグリーンがとっても素敵で、

ビースタッフのバッグにぴったりだったので、
飾っております(#^^#)

グリーンをくれた Jさん、
持ってきてくれたMIYUちゃん、
ありがと~う♪

IMG_7669_convert_20181009161434.jpg

さてさて、この黒いバッグ、
なかなかの美人さんでしょう???

無駄のない洗練されたデザイン。

マチの作りといい、
底部のすっきりしたカーブライン。

この、カーブライン、
言われてみないと解らないくらいですが、
これがあるのとないのとでは、
モノを入れたときのフォルムが断然ちかいます!

ここに、惹かれた。
長年使った時の使用感が全く違ってくると思います。

IMG_7671_convert_20181009161458.jpg

中は、至ってシンプル。
シンプルに上品に使うことを、
バッグから学ぶようにできてるんだと思います。

・・・自分でこれ書いてて、反省してしまう。

IMG_7672_convert_20181009161520.jpg

こちらは、ゆっくりモノが入るデザイン。
上のバッグがシャープな理系女子だとすれば、
このバッグは和やかな文系女子。

うん、おかしな例えで分かりにくいですね☆
申し訳ない。

IMG_7674_convert_20181009161544.jpg

何に惹かれたかと言いますと、
この、隠しマグネット。

口金式のバッグは、
この大きさでは重みが出てしまいがち。
そして、口金のつけ方によっては、
スマートでない場合が多いです。

口金タイプに見えるけど、
口金よりスマートにスムーズに開閉するデザイン。

洗練されてる。。。
黒を持つなら、
こんなのがいいと思うんです(#^^#)



line-s
08.28



視界を遮るものがない場所に立ち
空と海の『青』を見つめる

空の『青』と 海の『青』の
境を見たくて

足元の『青』から
頭のてっぺんの『青』を何度も辿る

私のそんな姿を
水平線は ま~るく笑った




IMG_7024_convert_20180825150628.jpg
B.stuff

とてもきれいなブルーのショルダー。

うっすらと、革の筋が見えますか?
素肌感ある自然な染色を施されています。

こんな染めのこんなブルーは、
色抜け・変色は免れませんが、

ブルーだからこそ、
この透明感が美しいんだと思います。


IMG_7015_convert_20180825150657.jpg

素敵な色だけど、この色だけに限らないけど、
革は、必ず、色抜け・変色はします。

でもね、

その変色を
いかにかっこよく美しくさせるか?!と考えると、
私は楽しくなります。

そう考えると、
扱い方や手入れは自然に丁寧になって、
自分自身の所作を見直すきっかけになるからです(*^^*)

性格上、雑な私は、
今まで雑に使ったものもあります。

なので、とっても、革に教わることが多いのです。

だから、やっぱり革を持つんだと思います。




この写真は、
数年前に都井岬で見た風景です。

いつも、海に行くと、
水平線を眺めるのですが、

じーーーーっと見つめてると、

どこまでが海で、どこまでが空なのか?
ブルーなのか?グレーと言うべきか?
白と言うべきか?

わからなくなってきます(*^^*)

そのうち、ブルーだの白だの、
決めつける自分がちっぽけになってきて、

その景色を純粋に感動することのほうが、
大事なんだわ~と思うのです。

その時々の景色を、
その時々が最高に美しくありますように~。






line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top