line-s
02.20




作られたボンサックを目の前にして。

私は、普通にショルダーとして肩に掛けた。
どこかのお店の方は、
くるっと背中にまわした。

どおやら、ボンサックを手にしたら、
おおかた、まず、

女の人は、バッグのように持つんだそうです。
男の人は、リュックのように背中に背負うんだそうです。



monster's garage

こんなの、欲しかった♪
シンプルで、上質な革で作ったボンサック♪

クロム鞣しの牛革で、柔らかく、
革の表情を損なわないように、
あえて表面加工をほどこしていません。

使って使って、味わい深くなってくるのが楽しみです(^^)/

IMG_5059_convert_20180220170900.jpg

大きさは、大・小2タイプあって、
デザインは全く一緒です。

大きいほうの底面は19センチ、高さ29センチ。
小さいほうは底面14センチ、高さ24センチです。

色は、ブラック、ネイビー、ベージュ、カーキの4色です。

IMG_5052_convert_20180220170750.jpg

ボンサックの好きなところは、
ヒモの引っ張り具合で、
ハンド、ショルダーといろいろ楽しめるところです。

ヒモは牛革の吟つきヌメ革を使っていて、
マル状の革ひもよりも強度に優れています。

メーカーさんは、
『使いはじめ、ちょっとすべりが悪いかも。』とおっしゃっていましたが、
・・・・・別に。そんなことなく、スムーズに使えます。

IMG_5045_convert_20180220170640.jpg

裏地も上質なリネンを使用。
そして、ぐるーっとポケットが付いています♪

携帯やカギなどの小物の入れ場所に困りません☆

バッグインバッグとして、
ひとつは欲しい代物です。

IMG_5046_convert_20180220170712.jpg

革ヒモは結構長いものが付いてるので、
ショルダーに最適です。

斜めがけしようと思えば、
出来なくもないと思いますが、
これはコレの方が、いいかな~。

ボンサックとキンチャクの違いは微妙ですが、
丸底の筒状のものをキュッと絞ったものが、
ボンサックです(^^)

あしたのジョーが持ってるようなもの。

ボンサックって、なんだかワイルドで
風に向かって颯爽と歩いてくイメージでかっこいい。。。

ま、私としては、
ふつうのバッグインバッグじゃなくて、
こんなのが欲しかったんです(^^)


そうそう。
冒頭のボンサックを手にするときの男女の違いですが、
もう一つは、

女の人は、あれこれと、
『このヒモを、ここで結んだら、こうなるよね。』とか、
いろんな持ち方を考案するんだそうです(^^)

おもしろいな♪






スポンサーサイト
line-s
08.11


動物たちが生まれ育つ過程において
怪我をし傷や筋が入ったりすることは
当たり前のことであります

動物たちの命を扱わせていただき
動物たちへのリスペクトのためにも
傷も筋も『革の魅力』だと思っています。



monster's garage

牛革に比べて繊維質の細かい馬革は、
タンニンが染み込みにくいため、
通常の鞣す時間より長くかかってしまうそうです。

じっくり時間をかけて染め上げた馬革を
パンチング加工し、更に再度染色。

パンチングされた穴の断面に奥行きが出て、
革?布?というような面白い表情に仕上がっています。

IMG_2747_convert_20170811185840.jpg

アクティブに活躍するボディバッグは、
身体にフィットするカタチがいい。

私はボディバッグは、このタイプが好きです。

ボディバッグとしても、ウエストバッグとしても、
ショルダーバッグとしてもすごく使いやすいから。

手ぶら好きな私にとって、
身体にフィットする・・・ストレスフリーなこのカタチは嬉しい。

IMG_2753_convert_20170811185823.jpg

そして、身にまとう感じのバッグなので、
案外パンツとかじゃなくてもOK。

そんなところも気に入っています(^^)

IMG_2761_convert_20170811185855.jpg

同シリーズのショルダーも入荷です♪

使い込むごとに味が出る~楽しみです(^^)



冒頭の言葉は、
メーカーさんよりいただく資料に記載されているものです。

なんか、好きな言葉です。

『革』の事を言っているのですが、
なんだか自分自身にも当てはまるような気がして。

私は上手く生きているわけじゃないけど、
苦い経験を語ればいろいろあるけど、
ものすごいことが出来るわけでもないけど、
何かを成し得てるわけでもない。

でも、それは当たり前のことであって、
人それぞれのことであって、
それが生きているということであるから、

小さなことでも自信を持って
がんばればいいと思っています(^^)

それが、私に関わってきてくださった方々への
感謝のかたちであり、恩返しであり、

自分が誰かを守る立場でいることの確立であると思うのです。

やっぱり、革って好きだ。



line-s
07.04


しっかりとした革には、
ベーシックなデザインが良く似合う。

ものすごく軽いですよーとか、
ものすごくポケットついてますよーとか、
仕切りがいっぱいありますよーとか、

そんなオプションついてなくて、
しっかりとした革のバッグですーというだけ。



monster's garage

ベジタブルフルタンニン。
いわゆる、木の渋とオイルで鞣しています。

革にしっかりオイル分を馴染ませるため、
時間をかけてしっかり鞣します。

オイルがしっかり含まれた革は、
その分・・・少々の重みがあるものの、
使い込むごとに深い経年変化を刻んでいきます。
(うーん、でもこれ、そんなに重くないです☆)

IMG_2410_convert_20170704223802.jpg

そんな、しっかりした革を使ったバッグは、
やっぱり『革』が主役になるので、

ベーシックなシンプルデザインが似合うと思うんです。

余計なデザインや機能が無いほうが、
革の表情が生きてくると思うんです(^^)

IMG_2413_convert_20170704223820.jpg

どんなバッグもそうであるように・・・使うことによって、
キズ・汚れ・水染みなどのアクシデントがあると思いますが、
上質な革には回復力があります。

キズはオイルを塗って馴染ませる。
汚れはクリーナーで落とす。
水染みは水拭きしてぼかす。

大げさなことをしなくとも、
昔ながらの天然素材の革で、
しかも昔ながらの鞣しのものは、
案外タフなものです。

IMG_2415_convert_20170704223843.jpg

革本来の力で、革を育てる。。。
なんだか、人にも当てはまるような気がします~。



私のことですが、
お金をかける部分と書けない部分の差が激しくて、
そんな話を今日こそ、お店でしてたところです。

まず、びっくりするほどお金かけてないものは、
スキンケア用品です。

せっけん・・・と、少しの量のシャンプーと化粧水。
あとは、水とお湯。

自分の身体の再生機能?オートファジーに頼っています。
それが自然かな~と思って。

私の場合、それで十分です(^^)






line-s
05.15



昔から好きなものは、
やっぱり今でも大好きで、

そのうち、好みの変化があるのかなぁと思ってたけど、
好みの幅が広がったり深まったりするばかり。

いつの間にか、自分らしいアイテムの一つとなり、
『似合う』と言えるようになってる。



IMG_1910_convert_20170515155923.jpg
monster's garage

昔からミリタリー系のものが好きな私ですが、
歳を重ねるごとに、余計に好きになってるかもしれません(^^)

これらのバッグは、ミリタリーアイテムの革ベルトを使用しています。
ユーズドのデッドストックなので、
それなりの使用感があって、味わいがあります。

IMG_1906_convert_20170515155906.jpg

デッドストックの革ベルト以外の部分の革も、
(本体:馬革、付属:牛革)
革の元々の表情を損なわないような鞣しをしていて、
これからのエイジングを楽しみに使えそうです♪

IMG_1904_convert_20170515155848.jpg

革はもちろんですが、
細部人使っている金具や鋲、布テープ、裏地などなど、
ちゃんとこだわって作ってくださってます。

私が気に入ってるのは、
鋲が銅鋲、金具が真鍮、
ショルダーベルトの革の裏に充ててる布テープ。

こういった脇役が上等だと貫禄が出ます。

IMG_1917_convert_20170515155942.jpg

リュックの肩ひもが少し長めですが、
あえて、ミリタリーふぁあっしょんを楽しむには、
このぐらいルーズな方がかっこいいのかもしれません☆

IMG_1918_convert_20170515160001.jpg

明日から出張に出かけるのですが、
今日も、お客様方々からいろんなお話を伺い、
元気をいただきました(^^)

いただいた言葉をお守りに(?)、
お仕事頑張ってこようと思います。

ありがとうございました。




line-s
04.07



表面の艶が、革のシワ模様をより引き立たせる。

タンニン鞣しの馬革に、
首やお腹などに入るシワを大きく型押しした後、
手で染料を塗り込みます。

その時、型押しの凹凸に手染め特有の色ムラができ、
トラ模様のような面白い表情になるんだそうです~。




monster's garage

馬革は牛革よりも繊維質が細かい革なので、
使うごとに滑らかに柔らかくなります。

まだ張りがありますが、
斜めがけして身体に張り付くように柔らかくなっていきます。

IMG_1339_convert_20170406160314.jpg

脇役ですが・・・かぶさり部分のホック。
ドイツホックです。

かぶさり部分がパカッと開いたとき、
おぉ!!!っと思うのは私だけでしょうか。。。
こういうところ、好きなんですよね。。。

IMG_1324_convert_20170406160157.jpg

カーフなんかではよく見えますが、
革のベース、元々にはシワがあります。

私たちにもシワがあります。
生きていく上で、必要なものです。

そんな『型押し』って、とても個性的で面白くないですか???

IMG_1329_convert_20170406160223.jpg

馬革が柔らかいということは、
身体により密着するショルダーバッグなんかには最適な素材です。

この小っちゃいショルダーは、
もっとベルトを縮めてボディバッグとしても持てますし、

IMG_1346_convert_20170406160345.jpg

もっともっと短くしたりすれば、
ウエストバッグにもなります~。

これから、お天気よくなると、
こんなバッグと一緒に出掛けたくなります~~~。



メーカーさんと、ひとしきり仕事の話が終わると・・・
いつもお互いの子供の話をしてしまうのですが、
『失敗、大いに結構!』ということで話が合うんですよね。

私自身も、いろんな失敗を重ねていますが、
だからと言って子供に安全ルートを教えようとは思いません。
教えたいけど(^^)

失敗しながらも最終的に本人が出した答えが、
その時々に理にかなった答えだろうし、
それを尊重できる親でありたいなと思うのです。

さて~、次の子育て談義が楽しみだなぁ♪
また、よろしくお願いします~。








line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top