FC2ブログ
line-s
05.21



私はオジサンじゃなくて、オバサンなんだけど、

お友達との話は・・・
いつの間にやら『健康談義』。
そして『開き直り談義』。

今迄のこと。
現在のこと。
これからのこと。

なんか、おもしろい。


IMG_0039_convert_20190521155523.jpg
beaucoup

男性をモチーフにする刺繍ものは少ないのですが、
失礼ながら・・・めちゃイケメンではないおじさま二人、
とても魅力的です(*^^*)

シュールな表情が、
なんとも言えません。

リネンに手刺繍です。

IMG_0041_convert_20190521155545.jpg

刺繍以外のところは、
麻のデニム生地。

張りがあって、独特の艶があります。

そして、シュールなおじさまの表情と裏腹に、
カラフルで楽しい裏地(*^^*)

表も裏も楽しい♪

IMG_0028_convert_20190521155506.jpg

おじさんになっても、
おばさんになっても、
素敵なお友達がいることは、
本当にうれしいことです。

私は『親友』というくくりが、
正直わからないのですが、

私にはいろんなタイプのお友達がいます。
どのお友達とも気の合う自分がいるので、
どのお友達も私にとっては心地よいのです。

『親友』という、べったり感はないのですが、
みんなが存在してくれるだけで、
私自身を律してくれてることは確かです。

お互い、会うと話は尽きません・・・。
出会いにバンザイです(*^^*)






スポンサーサイト
line-s
05.20


すっきりした丸型トートが入荷してまいりました♪

ふっかふかの肌触りをした
モニカという名前のついた牛革なんですが、
色の名前が『オイスター』なんです☆

色はさておき、
カタチと言い、肌触りと言い、
まさに革のパンケーキ状態です(*^^*)



b.stuff

今迄あまりふれてませんが、
ビースタッフではユニークな色の名前が付けられてることが多いです。

まるで、日本古来の色の呼び名のように、
自然から取り入れた呼び名が多い気がします。

時々、お茶目な名前もありますが・・・。

IMG_0004_convert_20190520174931.jpg

で、この『オイスター』という色。
カーキやモスグリーン、ダークグリーンなどと呼んでもよさげです。

一応(毎回なんですが)調べてみましたら、
オイスター色とはこの色とは全く別の
白っぽい色。

ということは・・・?オイスターソースの色?

とも思ったのですが、
我が家のオイスターソースを眺めてみても別物のような気がして。

IMG_9996_convert_20190520175006.jpg

で、オイスターだから・・・やっぱり牡蠣だと思うんです。
食べてるとことを想像してみた。

カキフライでも焼き牡蠣でもなく、
牡蠣ごはんで!

ぱくっと牡蠣に噛みつくと、
ちょっと中からこんな色の部分でてきますよね?

・・・ぜったい、これだわ。
(名付け親のデザイナーさんの意図とはちがうかもしれませんが)


という風に、
毎回色の名前を想像しながら、
楽しんでる私でした(*^^*)




line-s
05.19



大人になって 

好きになったもの
良さがわかったもの
似合うようになったもの

子供の頃には理解できなかったけど
良いものがわかる大人でいたいな




beaucoup

レースの襟をレース編みでつないで作ってるバッグ。
内袋の鮮やかな赤と、
同じく鮮やかな赤のパーツがキレイです。

そして、ほわほわ~っとした糸で編み上げた持ち手。

キュートでラブリーすぎます。

IMG_0014_convert_20190519182641.jpg

デザイン上、大きく入り口は開きませんが、
長財布を出し入れするには十分な間口です。

真っ白と赤。
なんか、あこがれます。

IMG_0012_convert_20190519182617.jpg

私もいい加減、いい大人なんですが、
レースというものは・・・憧れるけど選ぶアイテムです。

安っぽいと貧弱になるアイテムです。
あんまり安いのは・・・いけない気がします。
レースは、エレガントアイテムなので。

私の中では、
良いレースが似合う大人になるのは必須です。

どれだけの時間がかかるかわかりませんが、
レースの似合うかわいいおばあちゃんになりたい☆





line-s
05.17




こんばんは☆
今日の延岡は・・・時々どしゃ降りの雨交じりの曇りという天気。

先日連休いただいて、
秋冬物の仕入れに行ってまいりました。

足が疲れた。。。いつものことですが(*^^*)


話変わって、
お久しぶりの聖徳太子さんに会いました。
いま、私の手元に3枚の聖徳太子さんがいらっしゃいます。




お支払いいただいた時・・・
正直ちょっと戸惑ったんですが、
『わぁ~、すごいですね~!』と言いながら、
さりげなく『透かし』を確認。

変な話・・・だまされてもいいかな・・・とも思った。
だって、そのお客様いい人なんですもん。

お客様(御年80くらい)のお義父様が大きなお仕事をされてたそうで、
旧札を大事に持っていらっしゃり、
何枚もいただいたんだそうです。

お守りとして持ってたけど、
最近は、ご夫婦の楽しみに使うようになったんですって。


そんな聖徳太子さんは、
お客様の楽しみ・・・バッグと引き換えにやって来たのです。

お義父様の時代は、今の日本と違った大変な時代だったと思います。
多くの家族を養うために一心不乱で財を築き上げたそうです。
その思いを大切にされてたお客様が渡してくださったお札。

紙幣価値より、すごいものをいただいた気持ちです。
がんばろうっと。

嬉しいご縁ですし、
こういうの私だけってもの勿体ないので、
みなさんにも見ていただきたくて(*^^*)






line-s
05.14



カラーチャートを眺めてみると、
面白いくらいに色の可能性は広がる。

元々の単純な呼び名の色から、
デコレーションされてく色の名前。

色の変わる途中、私が変わる途中、
その瞬間の色を好きになる。





グラデーションと凸凹した表面の風合いが、
とても個性あふれるバッグ。

見た目、ずっしりしてそうですが、
ゴード(山羊革)なので、
びっくりするほど軽いです(^ ^)

IMG_9964_convert_20190513184910.jpg

色のトーンって、幅広くありますが、
ブルーは結構幅広く展開する色じゃないかな。

私はネイビーよりは、青々しいロイヤルブルー系が好きです。
深い青は、スカイブルーやターコイズブルーよりも個性的な気がします。

ブルーの原本というか?
ここから白っぽくなったり、
黒っぽくなったり、

青々しいブルーは、始まりの色のような気がして。


色の和名の図鑑が欲しいんです。ずっと。

きっと東京とか大きな本屋さんか、
専門的に扱ってるお店とか、
ひょっとしたら専門学校の教材とかしか
売ってないだろうけど。

今、東京にいますが、
どこに売ってるんだろう。

買いに行く時間はないけど。




line
プロフィール

yukonee

Author:yukonee
こんにちは☆SOSAKUYA☆yukoです♪
おしゃれをすることで、違った自分を発見したり、楽しい気分になれたり、ワクワク向上心をもてたり♪私が出会ったバッグ達が、みなさんの『素敵なこと』のエッセンスになりますように~。たくさんのバッグ達に会いに来てください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
back-to-top